三島市 キリスト教会

集会の御案内

住所:〒411-0025  静岡県 三島市 壱町田(いっちょうだ)248-3
(駐車場あります)
TEL:055-941-8122
毎週日曜日のみの集会となります。
◆聖書研究会(11:30〜12:30):信徒向け
◆礼拝集会(13:15〜14:15):信徒向け
◆福音集会(15:00〜16:00):一般向け(中学生以上)

 

*初めての方や聖書の基本的な内容をお知りになりたい方は「福音集会」から御出席下さい。
*当集会は聖書の教えに忠実であることを目標としています。
*当集会は統一教会、ものみの塔(エホバの証人)、モルモン教とは一切関係はありません。

 

 

*聖書のメッセージ

 

ある高校生が次のような言葉を残しました。
「"生きる"が分からない。自分で自分を生かしていくことに、意味が見いだせない。心臓が動く、生きるだけでなくて、それ以上を求めてしまいます。考えられる限り、考えようと思います。でも、きっと分かんないだろうなあ。僕の何倍も生きている人も分かってなさそうなんだもの。」

 

「よく思うのは、高齢者の方に、『生きてきて、よかった?』って聞きたいなと。でも聞けません。『よかったことなどない』、と言われるかもしれないからです。何とか生きてゆくことの必要性が分からないのです。」

 

皆さんはこの若者の真剣な問いかけに対して答えることができますか?
ある方は、生きる目的を「家族のため」あるいは「仕事のため」と答えるかもしれませんが、もし家族を失なったり、あるいは仕事ができなくなれば、あなたの生きる意味も一緒に無くなるのでしょうか?

 

ある人は「人間にとって最大の悲劇は死ぬことではありません。何のために生きているのかわからない人生ほど辛いものはないのです。」と言っています。

 

聖書には「神は人の心に永遠への思いを与えられた。」と書かれています。聖書は、人間が自分自身の存在の意味を考えることは極めて自然であることを教えているのです。

 

この問いかけについて聖書の中から御一緒に考えてみませんか?