三島市 キリスト教会

 

*現在どの教会にも所属されていないクリスチャンの方へ

 

かつて教会に通っていたけれども、諸事情で長い間教会に行っておられない方がいらっしゃると思います。その様な場合、個人で自宅礼拝をされることになるでしょう。しかし、「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたのです。生んでくださった方を愛する者はだれでも、その方によって生まれた者をも愛します。」(Iヨハネ5:1)と記されているように、クリスチャンはクリスチャンとの交わりを潜在的に求めるものです。確かに全てのクリスチャンは目に見えない普遍的なキリストの体なる教会に所属していますが、下記の聖句からわかるように神様はクリスチャンが目に見える地域教会に所属することを強く望んでいることがわかります。

 

「ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。」(ヘブル10:25)

 

また聖書の中には「互いに」という言葉が多く使用されていることに気がつかされます。

 

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。」(ヨハネ15:12)
「大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。」(ローマ12:5)
「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。」(コロサイ3:16)

 

個人礼拝のみでは、「互いに」という聖書の勧めを実行することはできません。信仰生活は個人が神様にのみつながっていれば別に教会に行かなくても大丈夫という意見を言われる方もおられますが、その考えを支持する根拠を聖書に見いだすことはできません。互いに集まることの第一の目的は主イエスが言われたように、理屈ではない実践的な兄弟愛を学ぶことにあります。またもう一つの重要な目的は、福音によって教会を通してこの世界に神の国を実現するためでもあります。そのために私たち一人一人は賜物を与えられました。賜物は器官とも表現されているように、一つの器官だけでは何の働きもできません。各器官が協力することによって生み出される一つの体として、神の国は前進することが可能となるのです。賜物は自分のためではなく、互いに仕え合うために与えられているので(Iペテロ4:10)、自分の賜物が生かされるためにはどうしても他者を必要とするのです。

 

私たちは、そのような状況にいる方々が、これからの日本における神の国の前進ために何とかして教会の一器官になれないものかと強く願っています。恐らく教会に通われていない理由の多くは、波長が合わないとか、人間関係の問題だと思います。しかしながらこの世界には様々な特色のある教会が存在しており、様々なクリスチャンの考えや個性に対応することができます。
当集会ももしかしたら、主があなたに与えられた尊い賜物を活用する場として導かれているかもしれません。どうぞ他のページにある「私たちが信じていること」を参照して下さり、御自身の信じていることと大きな違いがなければ、是非ご連絡下さい。御一緒に御国の建設のために労してみませんか?

 

  三島キリスト福音集会 一同

 

*私たちが信じていること

 

@教理について
 私たちは基本的に偉大な聖徒達が今まで築き上げてきたプロテスタント神学を堅持するものです。すなわち、旧新約聖書六十六巻の十全霊感性、神の三位一体性、罪人の唯一の仲介者であるイエスキリスト、天国と地獄の存在(いわゆる死後のセカンドチャンス説の否定)、聖霊による新生及び引き続いて実施される水のバプテスマの重要性、救いの堅忍、聖霊による聖化などの教理を私たちは信じています。

 

 

A私たちが所属している“キリスト諸集会”について
 私たちが所属しているキリスト諸集会のルーツは、19世紀の半ばアイルランドで生じたプリマス・ブラザレン運動(儀式主義から聖書の権威に立ち返ろうとする運動)を源流としています。ちなみに孤児院の運営でよく知られているジョージ・ミュラーは諸集会出身です。
私たちが所属している交わりを「教会」ではなく「集会」と呼んでいるのは、一般に「教会」と訳されているギリシャ語の「エクレシア」の意味が本来「集まり、集会」という意味であることに基づいています。

 

Bキリスト諸集会の特徴

 

【牧会】諸集会は基本的には複数の長老(使徒14:23)が聖書に示す牧師あるいは教師としての役割(エペソ4:11)を担い、牧会を実施しております。

 

【各集会の独立】諸集会にはいわゆる本部と支部という関係は無く、それぞれが独立した集会としてお互いのビジョン及びミッションを認め合い、支え合っています。

 

【賜物に応じた奉仕】全てのクリスチャンには何らかの賜物が与えられていることと(Iペテロ4:10)、神の祭司(Iペテロ2:5)という立場が与えられていることから、聖職者と平信徒という区別は無く、万人祭司の立場を旨としています。そのため、集会内の全てのクリスチャンが礼拝出席だけでなく、御国を前進させるためのかけがえのない一器官として奉仕を実践することを目標としています。

 

【聖餐式】初代教会時代、「週の初めの日に、私たちはパンを裂くために集まった」(使徒20:7)と書かれていることからも、毎週パン裂き集会が実施されていたことが伺えます。このことから諸集会では主イエスの裂かれた体と流された血を覚えるために毎週日曜日にパン裂き集会(礼拝集会)を実施しています。

 

【洗礼】洗礼は救われるための条件ではなく、聖霊の内住による新生を公に告白するために聖書が定めている儀式です(Iペテロ3:21)。諸集会では基本的に浸礼を実施しています。

 

【福音集会の実施】一般的には「礼拝説教」において学びと福音(伝道メッセージ)が混在した形でメッセージが語られるということが多いと思いますが、諸集会では信徒向けの学びと未信者向けの福音は区別されており、別の時間帯に集会をもっています。

 

【かぶり物の着用】Iコリント11章に記載されていることに従って、女性のクリスチャンは公の集会の場においては基本的にかぶりもの(ベール)をつけています。

 

【献金】献金はクリスチャンの特権かつ祝福の源であることを私たちは強調しますが、捧げる金額については神様と個人との間において決定すべきことと考えており、いかなる形においても献金の強要はしておりません。

 

【聖書】基本的に新改訳聖書を使用しております。